阪神

  • 印刷
動画一覧へ
レールが張り巡らされた敷地には点検のために集まった車両が並ぶ=宝塚市平井7
拡大
レールが張り巡らされた敷地には点検のために集まった車両が並ぶ=宝塚市平井7
車体洗浄機を通過する車両=宝塚市平井7
拡大
車体洗浄機を通過する車両=宝塚市平井7
レールに接する面が削られて銀色に輝く車輪。安全走行や乗り心地をよくするために欠かせない作業だ=宝塚市平井7
拡大
レールに接する面が削られて銀色に輝く車輪。安全走行や乗り心地をよくするために欠かせない作業だ=宝塚市平井7
点検作業の進行状況を示すパネル=宝塚市平井7
拡大
点検作業の進行状況を示すパネル=宝塚市平井7
パンタグラフを手で動かして動作確認をする作業員=宝塚市平井7
拡大
パンタグラフを手で動かして動作確認をする作業員=宝塚市平井7

 マルーン色の電車がずらりと並ぶ。ヘルメットをかぶった作業員が、車両の屋根の上に乗ったり、台車の下にもぐったり。パンタグラフの動作を確認し、ブレーキ装置の部品を交換するなど、入念に車両を点検、修理する。(斎藤雅志)

 阪急電車の車両整備を担う施設「平井車庫」(兵庫県宝塚市平井7)が完成してから11月8日で50年を迎えた。半世紀を経た今も、車両の動作チェックや部品交換、清掃などを続けて安全運行を維持している。

 平井車庫は阪急電鉄宝塚線の雲雀丘花屋敷駅-山本駅間の本線近くにある。約6万平方メートルの敷地に38本の線路が敷かれ、総勢約60人の職員が汗を流す。

 阪急電鉄には兵庫と大阪、京都に計4カ所の車庫があり、平井車庫では宝塚線で使っている310両に加えて能勢電鉄の60両をメンテナンスしている。各車両は10日に1回の割合で点検を受けるという。

 平田大輔検車係長(54)は「安心安全はもちろん、乗客のみなさんに快適に乗ってもらえるように心がけています」と話す。

 施設内には阪急電鉄で唯一、脱線事故を想定した復旧訓練をするための専用線路がある。脱輪した車両を迅速に復旧する訓練が行われるなど、危機管理の側面からも重要な基地だ。

 高架上にあり人目に付きにくいが、ここでは今日も乗客の日常を支える努力が続けられている。

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(1月19日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 2℃
  • ---℃
  • 70%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ