阪神

  • 印刷
「花のれん」の一場面((c)東宝)
拡大
「花のれん」の一場面((c)東宝)
「サザエさんとエプロンおばさん」の一場面((c)東宝)
拡大
「サザエさんとエプロンおばさん」の一場面((c)東宝)
1956年、新たに完成した宝塚映画製作所(宝塚市提供)
拡大
1956年、新たに完成した宝塚映画製作所(宝塚市提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 日本映画黄金期の1950年代、映画の都として栄えた兵庫・宝塚。小津安二郎ら巨匠が活躍し、市内で数々の名作が誕生した記憶を語り継ぐ「第22回宝塚映画祭」が19~25日、ミニシアター「シネ・ピピア」(宝塚市売布2)で開かれる。阪神間などで撮影され、宝塚映画製作所で作られた作品を中心に14本を公開する。(西尾和高)

 1938年、阪急東宝グループの創始者小林一三が、現在の関西学院初等部(同市武庫川町)付近に映画製作所を開設した。太平洋戦争で撮影所は閉鎖されたが、51年に宝塚映画製作所として製作が再開。2年後、火事で全焼したため、56年に東洋一とされた最新設備の新撮影所がオープンした。

 当時の撮影所は500人以上のスタッフでにぎわい、時代劇や喜劇など年間20作品が作られたが、テレビの普及で映画産業は徐々に衰退。78年には、劇場映画からドラマ製作中心となった。劇場映画176作、テレビドラマ3200作を手掛け、95年の阪神・淡路大震災を機に活動を終えた。

 今回、NHK朝ドラで半生が描かれた浪花千栄子出演の「花のれん」(1959年)や「サザエさんとエプロンおばさん」(60年)、「河内風土記 続おいろけ説法」(61年)のほか、昨年に亡くなった坂田藤十郎さんを追悼して「白井権八」(56年)、「恋すがた狐御殿」(同)を公開する。

 吉永小百合さん主演、市内の武庫山地区の家庭を舞台にした「青春のお通り」(65年)、神戸女学院や阪神御影駅が登場する「あすの花嫁」(62年)も上映。また、南の島のミュージカル・コメディー「極楽島物語」(57年)やアクション喜劇「底抜け忍術合戦」(58年)「これが青春だ!」(66年)などが鑑賞できる。

 市内の映画史を語り継ごうと、地元の愛好家ら約10人でつくる同映画祭実行委員会が企画。期間中は午前10時から1日5、6本上映する。当日券は一般1200円、シニア・学生1100円。シネ・ピピアTEL0797・87・3565

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 2℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ