阪神

  • 印刷
新病院の外観イメージ(県提供)
拡大
新病院の外観イメージ(県提供)

 兵庫県と西宮市は19日、県立西宮病院と市立中央病院を統合再編させる新病院(552床)について、基本設計の概要を明らかにした。仮称は「県立西宮総合医療センター」とし、医療用の3棟を建設。2022年12月ごろに着工し、25年度下期の開院を目指す。

 新病院は県立県営で、アサヒビール西宮工場跡地(西宮市津門大塚町)に新設。現在の2病院の診療機能に脳神経内科、心臓血管外科、精神科を加えた計35診療科を備える。高度急性期・急性期医療に対応するほか、感染症対策の機能も持たせる。

 基本設計によると、最も大きい病院棟は地上11階建てで、屋上にヘリポートを設置。1~4階に救急や外来、医局、手術室などを配置し、5~10階が病棟となる。6階を感染症対策(最大50床)に当て、重症患者にも対応。6階フロアを4分割し、感染が拡大しないよう区画ごとに陰圧化できるようにする。

 ほかに、放射線治療棟(地上3階)と救急ワークステーション棟(地上2階)も建設する。事業費は386億円を見込む。

 県と市は「人材育成拠点の役割も果たせるよう整備を進めたい」とした。(山岸洋介)

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ