阪神

  • 印刷
「リモコン式ロボット競技」で、声を掛け合いながら慎重に操作する生徒ら=県立尼崎工業高校
拡大
「リモコン式ロボット競技」で、声を掛け合いながら慎重に操作する生徒ら=県立尼崎工業高校
「二足歩行ロボット競技」では、県のマスコット「はばタン」をモチーフにしたロボットが登場した=県立尼崎工業高校
拡大
「二足歩行ロボット競技」では、県のマスコット「はばタン」をモチーフにしたロボットが登場した=県立尼崎工業高校
センサーでコースを読み取って走行しゴールまでの速さを競う「自走式ロボット競技」。コースを外れて失格になるチームも多く、完走に向けたプログラミング技術も試された=県立尼崎工業高校
拡大
センサーでコースを読み取って走行しゴールまでの速さを競う「自走式ロボット競技」。コースを外れて失格になるチームも多く、完走に向けたプログラミング技術も試された=県立尼崎工業高校

 兵庫県立尼崎工業高校(尼崎市長洲中通1)で27日、「兵庫県工業教育フェア ロボット競技2021」があった。16校から計約200人が参加し、3種目で自作ロボットの完成度やアイデアを競った。(村上貴浩)

 県高校教育研究会工業部会などが主催し、20年以上の歴史がある。授業や部活動でロボット製作をする生徒たちが成果を発表し、交流を深める場として開催している。

 「リモコン式ロボット競技」は、競技場の角に置かれた40個のピンポン球を中央のゴールに運ぶ。各校は球をホースで吸い込んだり、ちりとりの様な部品で集めたりと、さまざまなアイデアを披露。前回優勝の尼崎工業高校は、回収したその場からローラーを使って全球をゴールに放り込み、会場を沸かせた。3年生の林孝憲さんは「自分たちのベストが出せてうれしい」と笑顔を見せた。

 「二足歩行ロボット競技」では、強豪の西脇工業高校が、安定した操縦で好タイムを出した。3年生の國本洸さんは「先輩たちの思いも背負って、胴体など細かいところにまでこだわり抜いた」と話した。

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 2℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ