阪神

  • 印刷
西宮市長選の3立候補者と学生の対談イベント(ホームページから)
拡大
西宮市長選の3立候補者と学生の対談イベント(ホームページから)

 27日に投開票される兵庫県西宮市長選の投票率アップを目指し、西宮市の地域密着型情報アプリ「西宮CiPPo(シッポ)」の運営会社は、投票を終えた人を対象にアプリを通じて市内の飲食店や美容院、レジャー施設など約500カ所で使える1万円相当の電子クーポンを発行する。

 アプリは「CiPPo株式会社」(西宮市)が開発、運営している。自治体や主要駅など地域ごとに特化した情報を得ることができ、兵庫県内では姫路や明石などでも導入されている。投票で特典が得られる「選挙割」に取り組むのは、西宮市内では今回が初めて。

 アプリをダウンロードした上で、投票所でもらえる「投票済証明書」の写真を送るか、協力店で証明書を提示するとクーポンが送付される。クーポンは5月30日まで有効で、新型コロナ禍で疲弊した地域経済を活性化させる狙いもある。

 今回の企画は、NPO法人なごみやGPSランナーなどと共同で行うイベント「Go To VOTE!(投票へ行こう)」の一環。他にも西宮市長選に立候補している3候補と学生との対談も実施し、ユーチューブで公開している。24日には、同市内6カ所で、ごみ拾いをしながら、通った道で地図上に絵を描く「GPSアート」で投票を呼び掛ける「ゴミ拾いアートウォーク」を行った。(広畑千春)

阪神選挙西宮市長選22
阪神の最新
もっと見る
 

天気(6月26日)

  • 29℃
  • 25℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 20%

  • 32℃
  • 25℃
  • 30%

  • 33℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ