阪神

  • 印刷
尼崎のまちで生きる若者たちのさまざまな表情を捉えた写真が詰まっている
拡大
尼崎のまちで生きる若者たちのさまざまな表情を捉えた写真が詰まっている
尼崎市ブランドブック「Amagasaki クセになる街」の表紙
拡大
尼崎市ブランドブック「Amagasaki クセになる街」の表紙
太筆を握り、躍動感あふれる動きで書をしたためていく高校生(ブランドブックより)
拡大
太筆を握り、躍動感あふれる動きで書をしたためていく高校生(ブランドブックより)
ママチャリで日本一周を目指す若者(尼崎市ブランドブックより)
拡大
ママチャリで日本一周を目指す若者(尼崎市ブランドブックより)
スケートパークの開設を目指す若者(尼崎市ブランドブックより)
拡大
スケートパークの開設を目指す若者(尼崎市ブランドブックより)

 兵庫県尼崎市は、まちの魅力を写真でPRするブランドブックの第2弾「Amagasaki クセになる街」を発行した。ディープで人情深く、温かい「あま」を存分に映しだし、話題を集めた第1弾から1年。今回クローズアップするのは、明日に向かって生きる若者たちだ。勉強に友だちに、将来に、悩みも葛藤も尽きないけれど、「わたしらしく、あまらしく」-。(広畑千春)

 まちを「良く・美しく」切り取るのではなく、ありのままを伝えようと、シティープロモーションの一環で市広報課が制作。第1弾は半年で全1万部の大半がなくなり、写真展も会期を延長するほど好評だった。昨秋には、国内最大級の広告賞「ACC 東京クリエイティビティ・アワード」でも表彰された。

 第2弾の写真も、前作に引き続いてベルギー出身の写真家ロブ・ワルバースさんが手掛けた。モデルは尼崎市に在住するか、在学・在勤している10~20代の35人。地域に深く関わっている人も多く、昨年12月から今年1月にかけ、学校や公園、藻川河川敷など21カ所で撮影を重ねてきた。

 太筆を手に、全身で弾むように字を書く女子高校生や、スケートパークの設立を目指してスケボー教室を開く男子高校生がいる。岩石について博士並みに詳しい小学生もいれば、ママチャリで日本一周を目指す若者も。貧困や病気に苦しんだ過去を見つめて、子どもを支えたいと教師を志したり、人を明るくさせたいと料理人を目指したりする姿も捉えている。それぞれの写真に添えられたフリーライター原田麻衣子さん(33)の文章も、等身大の思いを描き出す。

 「今を全力で生きる若者たちの生き方や考え方と、彼らを育んできた尼崎らしいまちの気風を感じてほしい」と同市。今回は前回を上回る1万2千部を制作し、市内各所で無料配布するほか、インスタグラム(アカウント名amagasaki_style)でも未公開写真を紹介する。同市広報課TEL06・6489・6021

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ