阪神

  • 印刷
藤原保幸市長に全国Vを報告した伊藤千飛さん=伊丹市役所
拡大
藤原保幸市長に全国Vを報告した伊藤千飛さん=伊丹市役所
市長と話す伊藤さん。父の陽二さん(左)も付き添った=伊丹市役所
拡大
市長と話す伊藤さん。父の陽二さん(左)も付き添った=伊丹市役所

 3月に札幌市であった全国高校ボクシング選抜大会で、ライトフライ級に出場した兵庫県伊丹市の伊藤千飛さん(16)=大阪・興国高校1年=が優勝した。小中学校では全国一になった経験があるが、高校に入ってからは初のタイトル。伊丹市役所を訪れ、藤原保幸市長に喜びを語った。

 伊藤さんは4歳の頃から父陽二さん(48)の経営するキックボクシング道場に通い、空手とキックボクシングで計400戦超の戦績がある。市立天神川小4年でボクシングを始め、荒牧中学校を経て私立の強豪・興国高(大阪市)へ進んでからはボクシングに専念している。

 片道1時間かけて登校し、朝7時からの朝練に週3回参加。夕方の練習が終わると、元世界3階級制覇王者の長谷川穂積さんが所属した真正ジム(神戸市)や父の道場で夜遅くまで汗を流す。

 全国高校ボクシング選抜大会はインターハイや国体と並び、ボクシングの高校頂点を決める舞台。今回のライトフライ級には11人が出場し、伊藤さんはレフェリーストップやポイント判定で4戦全勝し、栄冠を勝ち取った。

 22日に伊丹市役所を訪れ、藤原市長にボクシングの魅力や得意のパンチを尋ねられた伊藤さんは「勝ったときの充実感、達成感が大きい。左ジャブが武器なので、さらに磨きをかけたい」と返答。将来の目標について「早くプロに転向し、20歳で世界王者になりたい」と語った。(山岸洋介)

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(7月6日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 50%

  • 28℃
  • 24℃
  • 60%

  • 31℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

お知らせ