阪神

  • 印刷
あでやかなピンク色に色づき、収穫のピークを迎えた桃=川西市加茂4
拡大
あでやかなピンク色に色づき、収穫のピークを迎えた桃=川西市加茂4

 兵庫県川西市名産の桃の収穫が、ピークを迎えている。ピンクと白のグラデーションが青空に映え、丸みを帯びた実を、栽培農家が一つ一つ手摘みしている。(久保田麻依子)

 市南部の加茂地区などは、県内有数の早生桃の産地で知られ、約40戸の農家が「日川白鳳(ひかわはくほう)」を中心に育てている。贈答用のほか、京阪神地区の直売所などに出荷する。

 加茂地区で約50本を育てる山口義典さん(60)は5月上旬に実の袋かけを行い、6月上旬から収穫を始めた。1本の木から、多くて270個を摘むことができるという。今年は少雨傾向のためやや小ぶりというが、山口さんは「形や甘みのバランスが良く、上出来な仕上がり」と話す。収穫作業は6月下旬ごろまで行う予定。

 22日午前10時からは、アステ川西(同市栄町)で即売会が開かれる。整理券は当日午前8時から配布する。市産業振興課TEL072・740・1164

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ