阪神

  • 印刷
尼崎市内を中心にごみ拾いを始めたクリボラ部の高校生=尼崎市潮江1
拡大
尼崎市内を中心にごみ拾いを始めたクリボラ部の高校生=尼崎市潮江1

 兵庫県尼崎市に住む高校生らがグループをつくり、同市内の駅などを中心にごみ拾いのボランティア活動を始めた。学校から帰った後や休みの日に現れ、ごみを拾い続ける。時にはポイ捨てした大人から絡まれることもあるが、高校生らはくじけない。根底には「尼崎市のイメージを良くしたい」との強い思いがある。(高田康夫)

 報徳学園高校(西宮市)に通う4人や尼崎市の友人らでつくる「クリボラ部」。1週間に2~3回、尼崎市内を中心に、西宮市や大阪市などで活動する。

 同校2年でリーダーの大田一輝さん(16)は「心が落ち着く」と中学生の頃から時々、1人でごみ拾いをしてきた。ある日、JR尼崎駅近くであまりにも汚い川を見て、本格的に活動しようと決意。同級生で副リーダーの垣本康佑さん(17)、荒本佑弥さん(16)、下高海斗さん(16)らと共にクリボラ部として5月に始動した。

 街頭を歩くと、缶やペットボトルから家電製品まであらゆる物が落ちていた。最も多いのはたばこの吸い殻だ。たばこを吸っている人と目が合うと、若いからか文句を言われることもあるため、活動中は必ずサングラスで視線を隠す。

 ポイ捨ての現場に遭遇したこともある。「理解してくれそう」と感じる人には注意するが、不機嫌そうに無視をされることがほとんど。一方で、通行人からは感謝の言葉を掛けられる。

 「尼崎市に『治安が悪い』『汚い』というイメージを持っている人が多い」と大田さん。「そんなイメージを僕らで変えていきたい」と力を込め、駅前へと足を運び続ける。

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ