阪神

  • 印刷
羽を広げたオオムラサキ=川西市立明峰小学校
拡大
羽を広げたオオムラサキ=川西市立明峰小学校

 兵庫県川西市立明峰小学校(同市萩原台西3)で、日本の国蝶「オオムラサキ」が羽化している。飼育ケージ内では20日までに誕生した雄2匹、雌3匹の計5匹が美しい羽を広げ、ひらひらと優雅に飛び回っている。(斎藤雅志)

 同校では、市内の自然保護団体「身近な自然とまちを考える会」と協力し、2019年から飼育を続けている。今年は、初めて越冬した50匹の幼虫のうち、10匹がさなぎに成長。5月10日に雄1匹が成虫になったのを皮切りに、次々と羽化している。

 オオムラサキは沖縄県を除く全国に生息しているが、環境省のレッドリストで「種の存続への圧迫が強まっている」とする準絶滅危惧種に指定されている。

 理科の授業で観察していた3年生は、「きれい」「かわいいね」などと言いながら目を輝かせて見入っていた。

 同会の石津容子副会長は「この場所で生まれたと思うと、とてもいとおしい。これからも大事に育てていきたい」と話した。

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ