スポーツ

  • 印刷
男子50メートル自由形を22秒04の大会新記録で制した坂井孝士郎
拡大
男子50メートル自由形を22秒04の大会新記録で制した坂井孝士郎
女子100メートルバタフライを大会新記録で制した西村麻亜
拡大
女子100メートルバタフライを大会新記録で制した西村麻亜

 競泳の国体選手選考会を兼ねた兵庫県選手権(神戸新聞社後援)最終日は13日、神戸市立ポートアイランドスポーツセンターであり、男子の50メートル自由形は関学高出身の坂井孝士郎(大和ハウス)が22秒04の大会新記録で完勝した。100メートルバタフライは塚本康介(近大、赤穂高出)が11年ぶりの大会新となる53秒03で競り勝った。

 女子の100メートル平泳ぎは須磨学園高出身の関戸珠実(日体大)が1分10秒11で大会記録を更新して制し、同高の小阪愛音は1分10秒38の県高校タイ記録で2位。100メートルバタフライは同高OBの西村麻亜(日体大)が59秒85、50メートル自由形は沢野莉子(神戸野田高)が26秒16と、それぞれ大会新で優勝した。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ