スポーツ

  • 印刷
神戸-鈴鹿ポイントゲッターズ 前半、ゴール前で競り合う神戸・田中(左)=ノエビアスタジアム神戸(撮影・鈴木雅之)
拡大
神戸-鈴鹿ポイントゲッターズ 前半、ゴール前で競り合う神戸・田中(左)=ノエビアスタジアム神戸(撮影・鈴木雅之)
神戸-鈴鹿ポイントゲッターズ 前半、先制点を決めて喜ぶ神戸・田中(中央)=ノエビアスタジアム神戸(撮影・鈴木雅之)
拡大
神戸-鈴鹿ポイントゲッターズ 前半、先制点を決めて喜ぶ神戸・田中(中央)=ノエビアスタジアム神戸(撮影・鈴木雅之)

 サッカーの第101回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は16日、神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸などで2回戦6試合があり、2大会ぶりの優勝を狙うJ1のヴィッセル神戸は、日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズ(三重)に4-0で快勝した。

 神戸は前半29分、けがから復帰した元日本代表FW田中が藤本の折り返しを決めて先制。後半4分には初瀬の左CKから小林が頭で合わせて追加点を挙げると、同16分には田中がこの日2得点目。終了間際には途中出場の安井が押し込んだ。

 鈴鹿はスペイン出身の女性監督が率い、神戸のイニエスタとの同郷対決が期待されたが、イニエスタはベンチ外だった。

 神戸は7月7日の3回戦で、J1の徳島ヴォルティスと対戦する。

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(7月30日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 10%

  • 33℃
  • 23℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ