スポーツ

  • 印刷
東京五輪代表に決まったINAC神戸の(左から)杉田、中島、田中(モニター参加)、山下とバックアップメンバーとなった三宅=大阪市中央区(撮影・長嶺麻子)
拡大
東京五輪代表に決まったINAC神戸の(左から)杉田、中島、田中(モニター参加)、山下とバックアップメンバーとなった三宅=大阪市中央区(撮影・長嶺麻子)
なでしこジャパンへの選出が決まり、記者会見するINAC神戸のMF中島依美(中央)と、GK山下杏也加(左)、MF杉田妃和=18日夜、大阪市中央区、ホテルロイヤルクラシック大阪(撮影・長嶺麻子)
拡大
なでしこジャパンへの選出が決まり、記者会見するINAC神戸のMF中島依美(中央)と、GK山下杏也加(左)、MF杉田妃和=18日夜、大阪市中央区、ホテルロイヤルクラシック大阪(撮影・長嶺麻子)

 初の五輪代表に4選手が選ばれたINAC神戸は、大阪市内のホテルで会見。代表最年長の中島は「女子サッカーのためにも良い結果を残すのが使命」と決意を語った。

 ボランチを主戦場にする中島は国際Aマッチ通算85試合14得点と高倉監督体制で不動の地位を確保。熊谷主将が不在の間はキャプテンマークを巻くなど精神的支柱でもある30歳は「残り1カ月、チーム力(の向上)が大事」と見据えた。

 今季加入した山下は2019年のワールドカップ(W杯)全4試合にフル出場し、身体能力に秀でる。日本が得意とするビルドアップの担い手として「コーチングや配球で(失点を)0にして勝ち点を稼ぎたい」と意気込んだ。今季からクラブで10番を背負う杉田は、FWにも挑戦し得点感覚を磨く。ボランチだけでなく、サイドハーフやトップ下などの起用も予想され「より攻撃的なプレーを」と活躍を誓った。

 ドイツのレーバークーゼンに4カ月期限付き移籍した田中は、帰国後の隔離期間のためリモートで参加。2年前のW杯では落選を経験した点取り屋は「この大会のためにやってきた。目標であり活躍したい一番の場所。金メダルを目指す」と力強かった。

(尾藤央一)

スポーツ五輪パラ兵庫
スポーツの最新
もっと見る

天気(7月25日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 10%

  • 35℃
  • 24℃
  • 10%

  • 35℃
  • 25℃
  • 10%

  • 35℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ