スポーツ

  • 印刷
古橋亨梧
拡大
古橋亨梧

 明治安田J1リーグ第19節第3日の23日、ヴィッセル神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸で横浜FCと対戦し、日本代表FW古橋がプロ初のハットトリックを達成し、今季通算13ゴールで得点ランキング単独首位に立った。

 古橋は1-0の前半31分、イニエスタの絶妙な浮き球パスに抜け出すと、右足シュートで2試合連続となる11点目を決めた。すると、そのわずか3分後、イニエスタの縦パスを受けた山口がサンペールとのワンツーで抜け出し、中央への折り返しを再び古橋がゴールに押し込んだ。ベンチに退く直前の後半17分にはサンペールの精密な縦パスに抜けだし、右足で冷静に右隅に流し込んだ。

 これで12得点を挙げている札幌のアンデルソンロペス、川崎のレアンドロダミアンを抜き、単独トップに。1シーズンの自己最多は昨季マークした12得点だったが、記録を更新した。

 試合は序盤のピンチをGK前川の好セーブでしのいだ神戸が前半26分、左CKからドウグラスのヘディングで先制。古橋の3ゴールなどで突き放し、後半途中で5-0とリードしている。

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(7月30日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 10%

  • 33℃
  • 23℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ