スポーツ

  • 印刷
西宮に加入した川村卓也(西宮ストークス提供)
拡大
西宮に加入した川村卓也(西宮ストークス提供)

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西宮は4日、元日本代表シューティングガードで1部(B1)三河の川村卓也(35)の加入を発表した。川村は正確な3点シュートを武器に、五輪予選など数々の国際大会で日本をけん引してきた。

 岩手・盛岡南高出で身長193センチ、体重90キロ。2006年世界選手権にチーム最年少の20歳で名を連ね、ロンドン五輪予選の11年アジア選手権で大会ベスト5に。旧日本リーグのリンク栃木(現B1宇都宮)時代は11~12年シーズンまで4季連続で得点王に輝いた。

 三河に在籍した昨季のレギュラーシーズンは51試合に出場し、1試合平均7・3得点、3点シュート成功率45・3%を記録。西宮入りに「わくわくしている。チームメートの素晴らしい才能に、自分の全てを融合させ、目標へ全力で突き進む」とコメントした。(藤村有希子)

スポーツ阪神
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月24日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 26℃
  • 17℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ