スポーツ

  • 印刷
陸上2種目で東京五輪日本代表に内定し、会見する田中希実=小野市役所(同市提供)
拡大
陸上2種目で東京五輪日本代表に内定し、会見する田中希実=小野市役所(同市提供)

 東京五輪の陸上で、女子5000メートルに続いて1500メートルでも日本代表に選ばれた田中希実(豊田自動織機TC、西脇工高出)が5日、地元の兵庫県小野市役所でオンライン会見し、「今ある力を精いっぱい出したい。特に1500メートルは日本人初となるので、スタートラインに立つことを喜び、(レースを)楽しみたい」と抱負を語った。

 五輪では8月2日の朝に1500メートル予選、夜に5000メートル決勝が組まれている。過密な日程だが「半日空いている間に仮眠を取ったり治療を受けたりしながら、時間を有効に使ってチャレンジしたい」と思い描く。

 6月の日本選手権では800メートルを含め3種目に挑み、1500メートルは2連覇。最終日は800メートル決勝の30分後に5000メートル決勝に出場し、「無事に走り切れたことで、疲れることを恐れない、挑戦する気持ちを持てた」と自信を深めた。「五輪でも挑戦する気持ちで2種目にぶつかっていきたい」と決意を新たにした。

 日本選手権男子100メートルで初優勝し、五輪代表入りした多田修平(住友電工、関学大出)も同日、大阪市の住友電工大阪本社で取材に応じ「個人ではまず準決勝で全力を出すことで9秒台が見えれば、目標のファイナルも見えてくる。リレーはいい流れをつくって金メダルを獲得したい」と意気込んだ。(金山成美)

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月17日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 23℃
  • 60%

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

お知らせ