スポーツ

  • 印刷
途中出場したリーグ湘南戦で好セーブを連発した神戸のGK飯倉=3日、ノエビアスタジアム神戸
途中出場したリーグ湘南戦で好セーブを連発した神戸のGK飯倉=3日、ノエビアスタジアム神戸

 サッカーの天皇杯全日本選手権は7日、各地で3回戦12試合があり、2大会ぶりの優勝を狙うJ1神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)にJ1徳島を迎える。ルヴァン杯も含めて今季4度目の対戦で、ここまでは1勝1分け1敗の五分。尼崎市出身のDF山川は「結果にこだわって次のステージに進みたい」と力を込めた。

 チーム状況は対照的だ。リーグ3連勝で3位に浮上した神戸に対し、徳島は3連敗中で15位に沈む。連戦で徳島のメンバーは入れ替わりそうだが、先発が確実なGK飯倉は「普段出ていない選手が『活躍してやろう』と強い気持ちで来るのは間違いない」と警戒する。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月17日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 23℃
  • 60%

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

お知らせ