スポーツ

  • 印刷
J1神戸・古橋亨梧
拡大
J1神戸・古橋亨梧

 J1神戸の日本代表FW古橋亨梧(26)が、スコットランド・プレミアリーグの強豪セルティックへ完全移籍することが16日、決定的となった。古橋にはオランダ1部のPSVアイントホーフェンやベルギー1部のアンデルレヒトからも獲得オファーが届いていたが、今夏にJ1横浜Mを退任したポステコグルー新監督率いる英国の名門クラブで、欧州での挑戦をスタートさせる。

 奈良県出身の古橋は、2018年夏に当時J2の岐阜から加入し、クラブ初の3季連続2桁得点を達成。今季は14得点でJ1得点ランキング単独首位に立つ。19年に初招集された日本代表でも6試合3得点と、決定力の高さを発揮している。

 セルティックは、元日本代表MF中村俊輔がかつてプレーしていたことで知られ、19~20年シーズンまでリーグ9連覇。欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選にも出場しており、即戦力として期待される。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内の3位につける神戸にとって絶対的エースの移籍は痛手だが、古橋にはこれまでも海外オファーを受けながらクラブの慰留を受け入れた経緯がある。今回は高い貢献度を認め、神戸が誇るスピードスターを送り出すことを決めたとみられる。

(山本哲志)

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ