スポーツ

  • 印刷
C大阪-神戸 前半、先制ゴールを決め、サンペール(左)と喜び合う神戸の古橋(中央)=撮影・辰巳直之
拡大
C大阪-神戸 前半、先制ゴールを決め、サンペール(左)と喜び合う神戸の古橋(中央)=撮影・辰巳直之
C大阪-神戸 前半、先制ゴールを決める神戸の古橋(左から2人目)=撮影・辰巳直之
拡大
C大阪-神戸 前半、先制ゴールを決める神戸の古橋(左から2人目)=撮影・辰巳直之

 この光景は、もう見られないのか。いつものようにゴールを決めた神戸の古橋は、仲間にもみくちゃにされた。「勝てなくて悔しいですけど、悔いはない」。4戦連続でJ1得点ランキングを独走する15点目を置き土産に、エースは旅立つ。

 ピンクに染まるヨドコウ桜スタジアムのこけら落としで、神戸のスピードスターがみせた。前半30分、右サイドでDF酒井と細かなパスをつなぐと一気にギアを上げる。「ゴウくん(酒井)とは神戸に来てから長い間一緒。どこに動くのか、パスを出すのか、肌で分かっている」。酒井とのワンツーで抜け出し、右足でネットを揺らした。

 「勝って送り出そう」。気合の入る選手たちを後半アクシデントが襲った。前節湘南戦で負傷交代したGK前川に続き、GK飯倉が脚を負傷。今季リーグ初出場となったGK広永は「前節のこともあったので、いい準備はできていた」と落ち着いたセーブを続けたが、後半44分の失点で逃げ切ることはできなかった。

 J2岐阜から加入した3年前は全国的に無名だった古橋。今や日本代表選手へと飛躍的な成長を遂げ「どこにいても、自分のプレーをすれば周りが納得すると思う」と自らの力を信じる。

 存分に暴れてこい、亨梧-。(山本哲志)

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月21日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ