スポーツ

  • 印刷
金メダルを手にする阿部一二三(左)と妹の詩=日本武道館(撮影・堀内翔)
拡大
金メダルを手にする阿部一二三(左)と妹の詩=日本武道館(撮影・堀内翔)

 日本オリンピック委員会によると、性別の異なる日本のきょうだいの五輪メダリストは夏冬を通じて阿部一二三、詩の兄妹が初めて。

 夏季五輪では1968年メキシコ大会で重量挙げ男子フェザー級の三宅兄弟が共に表彰台に立った。兄の義信が64年東京大会から2連覇し、弟の義行は銅メダル。姉妹ではレスリングの伊調馨と千春が活躍。妹の馨は2004年アテネ大会から女子個人種目で史上初の4連覇を遂げ、姉の千春はアテネ、08年北京両大会で銀メダル。冬季では18年平昌大会のスピードスケート女子で高木姉妹が団体追い抜き金メダル。姉の菜那はマススタートも制し、妹の美帆は1500メートル2位、1000メートル3位だった。

スポーツ五輪兵庫3五輪兵庫コラム1
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ