スポーツ

  • 印刷
女子シンクロ高飛び込み決勝 板橋美波(右)、荒井祭里組の4回目の演技
拡大
女子シンクロ高飛び込み決勝 板橋美波(右)、荒井祭里組の4回目の演技

 板橋の体が震えた。女子シンクロ高飛び込み決勝。荒井との4本目の試技を終えると、馬淵コーチの表情が明るい。いつもはあえて電光掲示板を見ない板橋だが「今、いい順位なんだな」と気付いてしまった。

 暫定3位で迎えた最終5本目。高難度の後ろ宙返り2回半1回半ひねりえび型(5253B)に挑んだが、板橋は回転しすぎて入水時にしぶきを上げた。表情をゆがめ、手で顔を覆った。

 4本目の前宙返り3回半えび型(107B)では2人の動きがそろい、70点台に伸びただけに惜しい結末。板橋は「きょうは父の誕生日。メダルを掛けてあげたかった」と涙を流した。

 荒井は5月のワールドカップ高飛び込みで、個人種目では日本史上初の銀メダル。国内第一人者も「体が動きすぎた。悔しい」と目を潤ませた。

 柔道出身の両親を持つ板橋は筋肉質で、きっちりした性格。1学年下の荒井は細く、マイペース。「正反対の2人。でも飛んだらすごく合って見える」(板橋)のが強みだ。JSS宝塚での厳しい練習にも励まし合い、世界6位に上りつめたペア。挑戦はまだ終わらない。(藤村有希子)

【五輪特集ページ】東京五輪2020

スポーツ五輪兵庫4五輪兵庫競技2
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ