スポーツ

  • 印刷
女子400メートルメドレーリレー予選のレースを終えた(左から)池江璃花子、渡部香生子、小西杏奈。下は最終泳者の五十嵐千尋。決勝進出を決めた=30日、東京アクアティクスセンター
拡大
女子400メートルメドレーリレー予選のレースを終えた(左から)池江璃花子、渡部香生子、小西杏奈。下は最終泳者の五十嵐千尋。決勝進出を決めた=30日、東京アクアティクスセンター

 7月30日の東京五輪競泳女子400メートルメドレーリレー予選。第1泳者、背泳ぎの小西杏奈(ガスワン、兵庫県豊岡市出身)は2番手でつなぎ「いい泳ぎができた」。日本を決勝へ導き、笑顔が光った。

 憧れの人を追いかけてきた。豊岡市立三江小の頃、県内の試合に出ると、隣のレーンには寺川綾がいた。後のロンドン五輪銅メダリストだ。「おっきくて速くてかっこいい。私もこうなりたい」と胸を高鳴らせた。

 明石市立望海中では全国中学校体育大会の100メートル背泳ぎで決勝に進出。どうやら表彰式にはあの人が出席するらしい。「えっ、私が3番に入れば寺川さんからメダルもらえるの!?」。ウキウキ気分で泳いだ15歳は、3着でフィニッシュした。

 小西は25歳になった。身長は159センチで当時とほぼ同じだが、体つきは全く違う。25キロの重りをつけての懸垂など壮絶な鍛錬で鋼の肉体をまとい、五輪にたどり着いた。

 今大会では100メートル背泳ぎで59秒58の自己ベストを出し、絶好調だ。「ずっと目標にしている寺川綾さんの58秒70の日本記録を塗り替えたい」。8月1日、夢舞台の決勝で願いを実らせる。(藤村有希子)

スポーツ但馬五輪兵庫5五輪兵庫6五輪兵庫コラム1五輪兵庫コラム2
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ