スポーツ

  • 印刷
ゴールする田中希実=2日午前、国立競技場(撮影・高部洋祐)
拡大
ゴールする田中希実=2日午前、国立競技場(撮影・高部洋祐)
先頭でレースを引っ張る田中希実(手前)=2日午前、国立競技場(撮影・高部洋祐)
拡大
先頭でレースを引っ張る田中希実(手前)=2日午前、国立競技場(撮影・高部洋祐)

 東京五輪第11日の2日、日本勢初出場の陸上女子1500メートル予選で田中希実(21)=豊田自動織機TC、西脇工高出身=が4分2秒33の日本新記録をマークして3組4着に入り、4日の準決勝に進んだ。従来の日本記録は7月17日に自身がマークした4分4秒08。田中は「日本記録を出せば準決勝に行けると思っていた。どんな展開でも力を出し切って、もう一回ベストを出せたら」と語った。

スポーツ五輪兵庫6五輪兵庫競技3
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ