スポーツ

  • 印刷
五輪(takadahirohito/stock.adobe.com)
拡大
五輪(takadahirohito/stock.adobe.com)

 集大成のステージで、第一関門を突破した。男子板飛び込みの寺内は予選10位で、18人による準決勝に進出。「ここ2、3回のオリンピックでは一番、自分らしく飛べた」と言葉に力がこもった。

 7日に41歳になる。出場29人中で断トツの最年長ダイバーに、大きなミスはなし。板の上ではねた時にバランスを崩しても、入水ではしぶきを抑えた。5、6本目は「会心の出来」と話す通り、キレのある空中動作から「ノースプラッシュ」。70点台半ばを記録した。

 6度目の五輪で、準決勝に立つのは北京以来13年ぶりとなる。世界の選手の技が当時よりハイレベルになる中、寺内は難易度の低い技を完璧にまとめる方法で勝負する。

 「40歳の健、すげえな、と思ってもらえるパフォーマンスがしたい」。30年の競技人生の終盤に、でっかい花火を打ち上げる。(藤村有希子)

スポーツ五輪兵庫6五輪兵庫競技3
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月21日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ