スポーツ

  • 印刷
2大会ぶりの金メダルに向け、調整を重ねる柔道男子100キロ超級の正木健人(左)=6月、福島県いわき市の東日本国際大(本人提供)
2大会ぶりの金メダルに向け、調整を重ねる柔道男子100キロ超級の正木健人(左)=6月、福島県いわき市の東日本国際大(本人提供)

 リベンジを果たす時が来た。29日の東京パラリンピック柔道男子100キロ超級で、正木健人(三菱オートリース)が2大会ぶりの金メダル奪還に挑む。「体は仕上がった。悔いのない試合をする」。身長190センチ、体重150キロの恵まれた体格を生かし、執念を込めた大技を繰り出す。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ淡路パラ兵庫1パラ兵庫競技
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月26日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 10%

  • 20℃
  • 11℃
  • 30%

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 22℃
  • 13℃
  • 50%

お知らせ