スポーツ

  • 印刷
競泳男子200メートル個人メドレー(運動機能障害SM9)予選 2分26秒65で全体の8位に入り、決勝進出を決めた山田拓朗=東京アクアティクスセンター(撮影・吉田敦史)
拡大
競泳男子200メートル個人メドレー(運動機能障害SM9)予選 2分26秒65で全体の8位に入り、決勝進出を決めた山田拓朗=東京アクアティクスセンター(撮影・吉田敦史)
競泳男子200メートル個人メドレー(運動機能障害SM9)予選 2分26秒65で全体の8位に入り、決勝進出を決めた山田拓朗=東京アクアティクスセンター(撮影・吉田敦史)
拡大
競泳男子200メートル個人メドレー(運動機能障害SM9)予選 2分26秒65で全体の8位に入り、決勝進出を決めた山田拓朗=東京アクアティクスセンター(撮影・吉田敦史)

 東京パラリンピック第9日の1日、競泳日本代表の山田拓朗(NTTドコモ、三田市出身)は東京アクアティクスセンターで男子200メートル個人メドレー(運動機能障害SM9)予選2組に出場し、2分26秒65の全体8位で予選を通過した。今大会3種目で初めての決勝進出。山田は同日夜の決勝に向けて「予選から少しでもタイムを上げたい」と語った。

 山田は平泳ぎで7位から5位に上がり、最後の自由形で順位を一つ落としたが、5位で入線したスペインの選手が失格の判定。全体8位のタイムに浮上した。

 山田は今大会、8月26日の男子100メートル平泳ぎ(運動機能障害SB8)を、運営側との認識の違いで招集時刻に遅れて棄権扱い。続く男子50メートル自由形(運動機能障害S9)は予選落ちしていた。

スポーツパラ兵庫2パラ兵庫競技三田
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 18℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

  • 20℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ