スポーツ

  • 印刷
武藤(右)らの入団会見で記念撮影に応じる神戸の三木谷会長((c)VISSEL KOBE)
武藤(右)らの入団会見で記念撮影に応じる神戸の三木谷会長((c)VISSEL KOBE)

 8月22日に東京で行われた3選手の入団会見。登壇した神戸の三木谷会長は「パリ・サンジェルマンにはならないが、大きな投資や魅力があり、経済的にも持続可能になるのが目標」と、メッシが加入したフランスの強豪クラブを引き合いに抱負を述べた。

 スター選手のポドルスキやイニエスタを獲得してきた神戸は、Jリーグの一クラブにとどまらない知名度がある。既に退団したマシカも、今季加入時に「神戸はヨーロッパでとても有名」と語っていた。「アジアナンバーワンクラブ」という目標は、単にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)優勝ではなく、ピッチ外も含めたクラブ全体の価値を指すのだろう。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ