スポーツ

  • 印刷
通算2千安打を達成し、記念のボードを掲げる西武・栗山巧=楽天生命パーク宮城(撮影・堀内 翔)
拡大
通算2千安打を達成し、記念のボードを掲げる西武・栗山巧=楽天生命パーク宮城(撮影・堀内 翔)

 プロ野球西武の栗山巧外野手(38)=神戸市西区出身=が4日の楽天戦で通算2千安打を達成し、一般社団法人「日本プロ野球名球会」への入会資格を得た。名球会は日本プロ野球の昭和以降生まれの選手で、日米通算で投手は200勝か250セーブ、打者は2千安打を達成すれば資格を得る。現会員は64人(投手16人、打者48人)で、故人となった名誉会員が11人。栗山は兵庫県出身者では6人目、育英高OBとしては鈴木啓示氏に次いで2人目となった。(現役選手の通算成績は9月4日現在)

 兵庫の名球会員は、打者では栗山が3人目。通算安打数順にみると、①古田敦也(ヤクルト)川西市出身=2097安打②坂本勇人(巨人)伊丹市出身=2079安打③栗山巧(西武)神戸市西区出身=2000安打-で、坂本は今季中に兵庫歴代1位に躍り出る可能性が高い。

 投手も3人。通算勝利数順にみると、①小山正明(阪神など)明石市出身=320勝②鈴木啓示(近鉄)西脇市出身=317勝③江夏豊(阪神など)尼崎市出身=206勝-となる。名誉会員は村山実(阪神)尼崎市出身=222勝。大正生まれのため名球会員ではなかったが、旧制滝川中出身の別所毅彦(巨人など)は通算310勝を挙げた。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ