スポーツ

  • 印刷
WEリーグの開幕を前に必勝祈願に訪れたINAC神戸の選手とスタッフ
拡大
WEリーグの開幕を前に必勝祈願に訪れたINAC神戸の選手とスタッフ
必勝祈願に訪れ、ホワイトボードにサインを書くINAC神戸のGK山下杏也加(右から2人目)、MF成宮唯(右)ら
拡大
必勝祈願に訪れ、ホワイトボードにサインを書くINAC神戸のGK山下杏也加(右から2人目)、MF成宮唯(右)ら

 サッカー女子プロ、WEリーグのINAC神戸は9日、神戸市東灘区の本住吉神社で必勝祈願を行い、12日に開幕する新リーグの初代女王の座と5季ぶりのタイトル奪還を誓い合った。

 選手26人とスタッフが出席。横田智明宮司が祝詞を上げ、安本卓史社長、星川敬監督、MF中島依美が玉串を奉納した。「初代チャンピオン獲得目指して」と記したホワイトボードに選手たちがサインをしたためた。

 この日は午前中に天然芝のグラウンドで紅白戦を行い、本拠地のノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)を視察した。

 切れ味鋭い突破が武器で、プレシーズンマッチでもチーム初得点を挙げたMF成宮唯は「きれいなゴールでなくてもいい。チャンスで決め切る」とWEリーグ第1号ゴールに狙いを定めた。東京五輪代表のGK山下杏也加は「五輪では後悔しかなかった。メダルを取れなかった責任もある。WEリーグではがっかりさせないような結果と内容を見せたい」と意気込んだ。

 開幕戦はホームで12日午前10時キックオフ。(尾藤央一)

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ