スポーツ

  • 印刷
男子2年3000メートル決勝 大会新記録で優勝した新妻遼己(右)と、2位に入った双子の弟の新妻昂己
男子2年3000メートル決勝 大会新記録で優勝した新妻遼己(右)と、2位に入った双子の弟の新妻昂己

 他の選手からも「10年ぶりやで」と感嘆の声が上がった。男子2年3000メートル優勝の新妻遼は8分49秒57をマークし、2011年に西村陽貴(三木)が残した大会記録を7秒以上塗り替えた。

 日差しの下、白い帽子をかぶって参戦。腰を高く保ち、つま先付近で接地するフォームでスピードに乗り、2周目からは一人旅に。「ずっと競ってきたライバル」と意識する双子の弟、新妻昂も引き離した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月19日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ