スポーツ

  • 印刷
兵庫大の3区長岡あず(左)からたすきを受ける4区清水里名
拡大
兵庫大の3区長岡あず(左)からたすきを受ける4区清水里名

 全日本大学女子駅伝(10月31日・仙台市)の予選を兼ねた関西学生対校女子駅伝は25日、神戸市北区のしあわせの村周回コース(6区間30キロ)で行われ、兵庫大が1時間42分29秒で6位に入り、2年ぶり2度目の全日本駅伝出場を決めた。アンカーの小林朝(須磨学園高出)ら3人が区間賞に輝いた立命大が1時間39分57秒で5年ぶり12度目の優勝に輝いた。

 兵庫大は3区長岡あず(姫路商高出)が7位から5位に順位を上げ、4区清水里名(赤穂高出)で4位に浮上。その後の走者も粘りの走りを見せた。

 全日本切符はシード校の立命大、関大、大院大を除き、上位4校の大阪芸大、仏教大、関西外大、兵庫大が獲得。兵庫勢はほかに、神院大が9位、武庫川女大が16位、神戸大が17位だった。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ