スポーツ

  • 印刷
広島から1位指名され、「新人王」の色紙を手に笑顔を見せる関学大の黒原拓未=西宮市の同大学(撮影・佐々木彰尚)
拡大
広島から1位指名され、「新人王」の色紙を手に笑顔を見せる関学大の黒原拓未=西宮市の同大学(撮影・佐々木彰尚)

 広島から1位指名を受けた関学大の黒原は「入るだけがゴールじゃない。この先で活躍することが目標」と力強く宣言。智弁和歌山高出身の左腕は「高校も赤、マークも似ているとイメージしやすい」と赤ヘル軍団での活躍を思い描いた。

 最速151キロの速球が魅力だ。1年春からリーグ戦に登板し、4年春は3完封を含む5勝。防御率0・70でMVPに輝きチームを2013年秋以来の優勝に導いた。

 飛躍のきっかけはリーグ戦で近大の佐藤輝(現阪神)に打たれた2本のホームラン。「プロのレベルでやっていくにはストレート以外でも戦わないといけない」と、新球種の習得に励んだ。今春覚えたカットボールなど「球種が増えて組み立ても豊富になった」と手応えをつかみ、「勝てる投手」(関学大の本荘監督)に進化を遂げた。

 プロで対戦したい打者には迷わず、佐藤輝を挙げ「自分の自信のあるボールを投げ込んで勝負したい」と再戦を熱望。関学大硬式野球部出身のOBを例に「荻野選手(ロッテ)や宮西選手(日本ハム)のように息長くやっていく」とプロでの誓いを立てた。(尾藤央一)

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 20%

  • 10℃
  • 3℃
  • 50%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ