スポーツ

  • 印刷
飾磨工-篠山鳳鳴 9回1失点の好投を見せ、仲間と喜ぶ篠山鳳鳴の山田(中央)
拡大
飾磨工-篠山鳳鳴 9回1失点の好投を見せ、仲間と喜ぶ篠山鳳鳴の山田(中央)

 軟式野球の秋季兵庫県高校大会最終日は17日、三木市の三木総合防災公園野球場で決勝があり、篠山鳳鳴が4-1で飾磨工に完勝し、9年ぶり3度目の優勝を飾った。篠山鳳鳴は11月6日に開幕する秋季近畿地区大会(京都・峰山球場)に出場する。

 篠山鳳鳴は一回1死三塁から敵失で先制すると、四回1死二、三塁で余田が左前に適時打を放ち、2点を追加。八回には大路の中前打で1点を加え、9回1失点の好投を見せた山田を援護した。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(12月2日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ