スポーツ

  • 印刷
試合前、記念写真に納まる阪神・岩田稔(左)とヴィッセル神戸のセルジ・サンペール=26日、甲子園
拡大
試合前、記念写真に納まる阪神・岩田稔(左)とヴィッセル神戸のセルジ・サンペール=26日、甲子園

 同じ病と闘う“友”の新たな門出を祝福した。

 今季限りで現役を引退するプロ野球阪神の左腕岩田稔について、J1神戸のMFセルジ・サンペールはこうねぎらった。「偉大なキャリアだったと思う。いずれ終わりが来ることは選手の誰もが避けられない。『おめでとう』と伝えました」

 2人に共通するのは、10代で1型糖尿病を発症したこと。「1型」は生活習慣とは関係なく起こり、血糖値をコントロールするためにインスリンを投与し続けなければならない。互いの苦労を知るからこそ、競技や国の違いを超えて交流し、26日に甲子園球場であった岩田の引退セレモニーにもサンペールが駆け付けた。

 岩田は1勝ごとに研究基金へ寄付するなどプロアスリートならではの患者支援を続けてきた。「スポーツ選手としても一人の人間としても模範的な存在だったと思う。今後も一緒にメッセージを社会に発信していければ」とサンペール。彼らが希望の光となり、1型糖尿病を抱えながらも夢を追いかける子どもたちが、一人でも増えるように願ってやまない。(山本哲志)

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ