スポーツ

  • 印刷
男子・須磨学園の2区林田蒼生(左)からたすきを受け、3区で区間賞の走りを見せた広内颯(撮影・坂井萌香)
男子・須磨学園の2区林田蒼生(左)からたすきを受け、3区で区間賞の走りを見せた広内颯(撮影・坂井萌香)

 男子の須磨学園は序盤の出遅れが響き、3年連続の全国大会行きはならず。山口監督は「兵庫の駅伝は1区の流れがすべて。規格外の高速レースに対応する力をつけてあげられなかった」と選手を思いやった。

 1区国安はハイペースで先頭を争う西脇工と報徳を追うも「焦りがあったかもしれない」と2キロ手前で失速。2区林田が走り終えて首位との差は1分54秒にまで広がり、3区広内の区間賞の力走を持ってしても11秒縮めるのがやっとだった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ北播高校駅伝2021
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

お知らせ