スポーツ

  • 印刷
2位でフィニッシュする女子・西脇工のアンカー八木美羽(撮影・鈴木雅之)
2位でフィニッシュする女子・西脇工のアンカー八木美羽(撮影・鈴木雅之)

 西脇工は終始2位の座を譲らなかった。「ほんまにありがとうな」-。唯一の1年生ながら1区の大役を担い「攻めきれなかった」と悔し涙が止まらない塩崎に、3年生アンカー八木は感謝の言葉を何度も繰り返した。

 号砲とともに飛び出した須磨学園の石松に対し「ついて行くのをためらった。6キロの距離にびびってしまった」と塩崎。序盤で差をつけられ、3番手以下が激しい順位争いを繰り広げる中でも、全員が区間2位と安定した走りで意地を見せた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ北播高校駅伝2021
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ