スポーツ

  • 印刷
ヴィッセル神戸のエンブレム
拡大
ヴィッセル神戸のエンブレム

 Jリーグ1部(J1)で、これまでの7位を上回る過去最高の3位が確定したヴィッセル神戸は、27日にノエビアスタジアム神戸で行われたホーム最終戦後にセレモニーを開いた。

 三木谷浩史会長は「本当は勝って大盛り上がりする予定だったが、選手も力が入り過ぎた」と苦笑いを浮かべつつ、目標のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得をサポーターに報告。「2部に落ちたりもしたが、てっぺんが狙えるところまで来つつあると実感している」とクラブの成長に手応えを示した。

 三浦淳寛監督は、選手の練習への取り組みと、チームやスタッフ、サポーターの一体感が目標達成につながったとし、「一致団結は神戸の強み」と強調した。

 アンドレス・イニエスタ主将は「1年前にACLのタイトルを持ち帰ると約束したが、(昨年は準決勝敗退し)残念ながら一歩及ばなかった。来季はキャプテンとして今年以上にハードワークし、必ず去年の約束を果たす」と悲願のアジア初制覇に導く決意を示した。(山本哲志)

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 4℃
  • 40%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ