スポーツ

  • 印刷
2区のスペシャリストとしてチーム浮沈の鍵を握る男子・西脇工の山中達貴=西脇市の同校(撮影・中西幸大)
2区のスペシャリストとしてチーム浮沈の鍵を握る男子・西脇工の山中達貴=西脇市の同校(撮影・中西幸大)

 男子第72回、女子第33回全国高校駅伝は26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着する男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行われる。兵庫からは男子の西脇工が2年ぶり32度目、女子の須磨学園が4年連続26度目の出場を果たす。女子は午前10時20分、男子は午後0時30分にスタートし、都道府県代表の各47校が競う。西脇工は19年ぶり9度目、須磨学園は15年ぶり3度目の頂点を目指す。(金山成美、尾藤央一)

     ◇    

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ北播高校駅伝2021
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 2℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ