スポーツ

  • 印刷

 第98回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの復路5区間、109・6キロに関東20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、往路制覇の青学大が10時間43分42秒の大会新記録で2年ぶり6度目の総合優勝を果たした。青学大が2020年に出した記録を1分41秒更新し、2位順大に10分51秒の大差をつけた。

 復路でも20年の東海大の大会記録を上回る5時間21分36秒をマークし、2年連続7度目の優勝。9区で中村唯翔、10区で中倉啓敦がともに区間新記録を出すなど、トップを譲らなかった。

 順大は往路から順位を三つ上げ、総合2連覇を狙った駒大は3位だった。追い上げた東洋大が4位に入り、東京国際大が5位。6位以下は中大、創価大、国学院大、帝京大と続き、10位の法大までが来年のシード権を得た。西脇工高出身の藤原正和駅伝監督が率いる中大のシード権獲得は10年ぶり。11位は東海大、早大は13位、予選1位の明大は14位だった。

 1区で区間新だった中大の吉居大和と、9区で快走した青学大の中村が最優秀選手に選ばれた。

 今年も新型コロナウイルス禍が続く中での開催。感染予防策が徹底され、沿道での応援自粛も呼び掛けられたが、大勢の観戦者が見受けられた。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 12℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ