スポーツ

  • 印刷
鹿島学園-日ノ本 後半、先制ゴールを奪った篠田(中央手前)を笑顔で囲む日ノ本イレブン(撮影・有島弘記)
鹿島学園-日ノ本 後半、先制ゴールを奪った篠田(中央手前)を笑顔で囲む日ノ本イレブン(撮影・有島弘記)

 1ー0の後半終了間際、日ノ本の篠田は敵陣左サイド深くでキープすることなく中央へ切り込んだ。「もう1点取って、より勝ちに近づけたかった」。2人を置き去りにし、右足でネットを揺らす。この日2得点目が8強入りを決定付けた。

 篠田の2試合連続ゴールに、村上監督は「難しい角度から入ったのも本人の努力の結果。昨日もきょうもやってくれました」とうなった。後半5分の先制点は「練習通り」(篠田)の崩しで、箕輪主将の右クロスを呼び込み、巧みな個人技から右足でゴール左隅に突き刺した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月28日)

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ