スポーツ

  • 印刷
幕内400勝を挙げた妙義龍
拡大
幕内400勝を挙げた妙義龍

 大相撲初場所は9日、東京・両国国技館で初日を迎え、東前頭10枚目の妙義龍(35)=本名宮本泰成、兵庫県高砂市出身=が志摩ノ海を押し出し、幕内通算400勝を挙げた。現役8位。

 妙義龍は高砂市立伊保小時代に同県姫路市の広畑少年相撲教室で相撲を始め、高砂市立荒井中時代に全国中学校体育大会に出場した。埼玉栄高では全国高校総体で団体優勝、個人2位。日体大を経て「宮本」のしこ名で境川部屋から角界入りした。新十両昇進時に「いろいろな技を出せるようにしたい」との思いを込め、しこ名を「妙義龍」に。2011年名古屋場所で十両初優勝を飾り、同年九州場所で新入幕を果たした。最高位は関脇。境川部屋。

スポーツ東播
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ