スポーツ

  • 印刷
日ノ本-神村学園 優勝を逃し、泣き崩れる日ノ本イレブン(撮影・秋山亮太)
日ノ本-神村学園 優勝を逃し、泣き崩れる日ノ本イレブン(撮影・秋山亮太)

 頂点を目指した日ノ本は夏冬2冠を達成した女王にはね返された。全5試合でフル出場したMF中垣は「ここまできたので勝ちたかった」。表彰式で悔しさを抑えられずに涙があふれた。

 攻撃陣に輝きが足りなかった。後半開始から箕輪主将が今大会初めてトップ下へ。得点王になった篠田とともに何度も仕掛けたが、ゴールを脅かせない。「最後の質に差があった」と箕輪。後半20分、素早い寄せからボールを奪われ、強烈なミドルで失点。同40分にはスルーパスで中央を破られ、終了間際にはクロスから3点目を奪われた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ姫路
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月28日)

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ