スポーツ

  • 印刷
横浜FCから鈴鹿ポイントゲッターズへの移籍が決まった三浦知良
拡大
横浜FCから鈴鹿ポイントゲッターズへの移籍が決まった三浦知良
三浦知良が横浜FCを通じて発表した直筆サイン入りコメント
拡大
三浦知良が横浜FCを通じて発表した直筆サイン入りコメント

 Jリーグ最年長の54歳で、今季の所属先が注目されていた横浜FCのサッカー元日本代表FW三浦知良(みうら・かずよし)が、国内4部にあたる日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズに期限付き移籍することが決まった。両クラブが、カズの代名詞である背番号11にちなんで1月11日午前11時11分に発表した。

 鈴鹿は兄の元日本代表DF三浦泰年氏(56)が監督兼ゼネラルマネジャー(GM)を務めており、兄弟で同一チームに所属するのはヴィッセル神戸時代の2005年5月以来となる。

 カズは横浜FCを通じ「2005年から実に16年間という長い時間、横浜FCでプレーしてきました。皆さんとともに戦い、これまで積み上げてきた数々の思い出や誇り、そして感謝の気持ちを胸に、新しいチャレンジに踏み出します。横浜FC、皆さんの幸運を願っています。本当にありがとうございました。Boa Sorte(幸運を)」と直筆のサイン、メッセージ入りのコメントを発表した。

 昨季のカズはJ1で出場わずか1試合、1分にとどまった。J2に降格した横浜FCからは契約更新の意向を伝えられ、今季もプレーする選択肢があったが、昨季終盤の神戸新聞のインタビューに「ここでやるのがいいか、僕を必要としてくれて、少しでも長く試合に出られるようなチームでやるべきなのか。葛藤は常にありますよ」と語るなど、移籍の可能性を示唆していた。

 鈴鹿は昨季JFLで4位となり、J3昇格を目指して強化を進めている。今季のJFLは3月13日に開幕する。

 JFLでは他に高知ユナイテッド、FC大阪からオファーが届いたほか、J2の琉球、J3のYS横浜、関西リーグ1部で滝川第二高出身の瀧原直彬監督が指揮するおこしやす京都、人気サッカー漫画「キャプテン翼」の作者、高橋陽一氏がクラブ代表を務める関東リーグ2部の南葛SC、アルビレックス新潟シンガポールが獲得に乗り出し、計8クラブによる争奪戦となっていた。

 カズは12月12~22日の大阪での自主トレーニング中も各クラブとの交渉に臨み、それぞれの目標やビジョン、自身の起用法、練習環境などを確認し、なるべく早く所属チームを決める意向を明らかにしていた。

 鈴鹿は12月12日、元執行役員から計7500万円の不当な金銭要求を受けていると公式サイトで発表。元役員はSNSで内部告発とする投稿を繰り返し、クラブは事実ではないとして、三重県警鈴鹿署と弁護士に相談したという。カズはこの件について、移籍の障害とはならないと判断したようだ。

 静岡市生まれのカズは15歳で単身ブラジルに渡り、名門サントスなどで活躍。1994~95年にはイタリア・セリエAのジェノアに在籍した。日本代表のエースとして君臨し、国際Aマッチ89試合出場、歴代2位の通算55得点。Jリーグではヴェルディ川崎時代の93年に最優秀選手賞、96年に得点王に輝いた。

 2001年から05年7月までヴィッセル神戸でプレーした後、横浜FCに移籍。昨年3月の浦和レッズ戦でJ1最年長出場記録を54歳12日に更新した。J2時代の17年に50歳14日で得点した際には「リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手」としてギネス世界記録に認定された。177センチ、72キロ。

 05年から神戸大使を務め、12月31日には神戸時代に誕生した次男、三浦孝太(19)=BRAVE=が総合格闘技デビュー戦を勝利で飾ったばかりだった。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 12℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ