スポーツ

  • 印刷
昨季のけがを受け、体のケアにも気を配りながら開幕に備える神戸のMF山口=和歌山県上富田スポーツセンターⓒVISSEL KOBE
拡大
昨季のけがを受け、体のケアにも気を配りながら開幕に備える神戸のMF山口=和歌山県上富田スポーツセンターⓒVISSEL KOBE
5得点5アシストだった昨季以上の数字を目標に掲げる神戸のMF山口=和歌山県上富田スポーツセンターⓒVISSEL KOBE
拡大
5得点5アシストだった昨季以上の数字を目標に掲げる神戸のMF山口=和歌山県上富田スポーツセンターⓒVISSEL KOBE
5得点5アシストだった昨季以上の数字を目標に掲げる神戸のMF山口=和歌山県上富田スポーツセンターⓒVISSEL KOBE
拡大
5得点5アシストだった昨季以上の数字を目標に掲げる神戸のMF山口=和歌山県上富田スポーツセンターⓒVISSEL KOBE
キャンプ練習後のオンライン取材に答える神戸のMF山口=和歌山県上富田スポーツセンターⓒVISSEL KOBE
拡大
キャンプ練習後のオンライン取材に答える神戸のMF山口=和歌山県上富田スポーツセンターⓒVISSEL KOBE

 J1神戸の元日本代表MF山口が26日、和歌山キャンプの練習後にオンライン取材を受け、「ずっと来てほしかった選手。わくわくしている」とC大阪やロンドン五輪でコンビを組んだMF扇原の加入を喜んだ。

 31歳の山口が一つ上で、ともにC大阪の下部組織で育った。2015年までダブルボランチを担い、「久しぶりでも、お互いにやりたいことは分かり合えてる」(山口)。昨年の基本布陣は中盤がダイヤモンド型のため、インサイドハーフでの共演も考えられる。

 山口は昨季、神戸移籍後初めてけがで6試合を欠場した。「右足を捻挫したまま出た」とかばいながらのプレーで左足を痛めたそうだ。

 例年はオフも休まずに体を動かしてきたが、「2週間ほどサッカーから離れた」と山口。体のケアや休息の取り方を見つめ直し、今季の過密日程に備えてきた。

 屈指のボールハンターながら、神戸では3季で14得点と攻撃センスも光る。「守備は継続して、いろんなところから点が取れるようになればいい。自分も昨季以上の得点とアシストを」と攻守でフル回転を誓った。(山本哲志)

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月18日)

  • 25℃
  • 15℃
  • 0%

  • 27℃
  • 10℃
  • 0%

  • 27℃
  • 14℃
  • 0%

  • 28℃
  • 13℃
  • 0%

お知らせ