スポーツ

  • 印刷
レスリングの全日本選手権男子グレコローマンスタイル72キロ級で投げ技に持ち込む三恵海運の高橋昭五=2021年12月、東京・駒沢体育館(同社提供)
レスリングの全日本選手権男子グレコローマンスタイル72キロ級で投げ技に持ち込む三恵海運の高橋昭五=2021年12月、東京・駒沢体育館(同社提供)

 レスリング日本代表で、男子グレコローマンスタイル67キロ級の高橋昭五(27)=明石市出身=と同フリースタイル57キロ級の長谷川敏裕(25)が、所属先を神戸市中央区の海運会社「三恵海運」に変更し、2024年パリ五輪を目指している。身分は社員だが、練習に専念できる好待遇。2人にとって、五輪同時出場はノルマに近い目標だ。(有島弘記)

 ともに日体大OB。育英高出身の高橋は家業の神明精肉店(明石市)から、東京都出身の長谷川は日体クラブから、それぞれ三恵海運に移った。同社にはこれまで、16年のリオデジャネイロ五輪で男子グレコローマンスタイル66キロ級5位に入った井上智裕(育英高出)が所属した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月18日)

  • 25℃
  • 15℃
  • 0%

  • 27℃
  • 10℃
  • 0%

  • 27℃
  • 14℃
  • 0%

  • 28℃
  • 13℃
  • 0%

お知らせ