スポーツ

  • 印刷
今季最終戦に向け練習する神戸のCTBアム(中央)ら=神鋼灘浜グラウンド
拡大
今季最終戦に向け練習する神戸のCTBアム(中央)ら=神鋼灘浜グラウンド

 ラグビーのリーグワン1部最終節最終日の8日、7位神戸(勝ち点31、旧神戸製鋼)は敵地のユアテックスタジアム仙台(仙台市)で、9位浦安(同18、旧NTTコミュニケーションズ)と対戦する。開幕戦で敗れて今季の不振の一因となった相手だけに、FB山中は「しっかりリベンジして勝って終わる」と、やり返す心づもりだ。

 1月の前回対戦では元オーストラリア代表のFBフォラウに2トライを許し、23-24と競り負けた。後半戦から先発に定着するSH中嶋は「相手の9番(SH)、10番(SO)にプレッシャーをかければ、フォラウを生かせない」と、キーマン封じに意欲を示す。

 3月に途中加入した南アフリカ代表CTBアムは今季終了までの契約で、神戸でのラストゲームとなる。「プレーオフに行けるチームと思っていたので、悲しく、悔しい」とした上で、「神戸のラグビーをしたいという野心を持って臨んできた。それは、みんなにある」と強調。今季最終戦を2連勝で飾るため、ボールを動かすスタイルで攻め続ける。(有島弘記)

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(6月30日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ