スポーツ

  • 印刷
G大阪-神戸 後半、先制点を奪われ、がっくり肩を落とす神戸のイニエスタ(手前左から2人目)ら=8日、パナソニックスタジアム吹田(撮影・鈴木雅之)
拡大
G大阪-神戸 後半、先制点を奪われ、がっくり肩を落とす神戸のイニエスタ(手前左から2人目)ら=8日、パナソニックスタジアム吹田(撮影・鈴木雅之)
G大阪-神戸 後半、2点目を奪われて肩を落とす神戸の選手たち=8日午後、パナソニックスタジアム吹田(撮影・鈴木雅之)
拡大
G大阪-神戸 後半、2点目を奪われて肩を落とす神戸の選手たち=8日午後、パナソニックスタジアム吹田(撮影・鈴木雅之)
G大阪-神戸 前半、セットプレーで頭で合わせる神戸の大迫(中央)=8日午後、パナソニックスタジアム吹田(撮影・鈴木雅之)
拡大
G大阪-神戸 前半、セットプレーで頭で合わせる神戸の大迫(中央)=8日午後、パナソニックスタジアム吹田(撮影・鈴木雅之)
ガンバ大阪-ヴィッセル神戸 前半、シュートを放つヴィッセル神戸の汰木康也(右端)=8日午後、パナソニックスタジアム吹田(撮影・鈴木雅之)
拡大
ガンバ大阪-ヴィッセル神戸 前半、シュートを放つヴィッセル神戸の汰木康也(右端)=8日午後、パナソニックスタジアム吹田(撮影・鈴木雅之)

 サッカーの明治安田J1リーグ第12節最終日の8日、ヴィッセル神戸は敵地パナソニックスタジアム吹田(大阪府吹田市)でガンバ大阪と対戦し、0-2で敗れた。神戸は4連敗で4分け7敗となり最下位から抜け出せず。開幕からの未勝利記録は11に伸びた。

 神戸は1日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ傑志(香港)戦で戦列復帰し、早速ゴールを挙げた元日本代表FW武藤嘉紀が約2カ月ぶりに先発。ACLに帯同しなかったイニエスタ主将はベンチに入った。

 試合は前半から苦しい展開となる。34分、ゴール前に抜け出したG大阪のFWパトリックにDF菊池が体を投げ出して対応。当初はノーファウルの判定だったが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の関与で一発退場となった。

 その後は防戦一方となった神戸だが、G大阪の柳沢やクォン・ギョンウォンのシュートがポストをたたくなど、何とか無失点で前半を折り返す。

 神戸は後半9分に投入したイニエスタが違いを見せる。同15分にドリブルで運ぶとゴール前の武藤にピンポイントでパス。だが、武藤のシュートは相手GKの好守に阻まれた。

 決定機をつくられながらも耐えてきた神戸だが、後半36分、CKのこぼれ球をクォン・ギョンウォンに押し込まれて失点。さらに同ロスタイム、ウェリントンシウバに2点目を決められて万事休す。ACLで1次リーグを1位通過した勢いを持ち込めなかった。

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(7月7日)

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 32℃
  • 23℃
  • 10%

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 34℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ