スポーツ

  • 印刷
神戸-鳥栖 前半、先制ゴールを決める神戸のイニエスタ(左)=ノエビアスタジアム神戸(撮影・秋山亮太)
拡大
神戸-鳥栖 前半、先制ゴールを決める神戸のイニエスタ(左)=ノエビアスタジアム神戸(撮影・秋山亮太)
神戸-鳥栖 前半、チーム2点目のゴールを決め、イニエスタらと喜び合う神戸の汰木康也(右)=ノエビアスタジアム神戸(撮影・秋山亮太)
拡大
神戸-鳥栖 前半、チーム2点目のゴールを決め、イニエスタらと喜び合う神戸の汰木康也(右)=ノエビアスタジアム神戸(撮影・秋山亮太)
神戸-鳥栖 前半、武藤、イニエスタとつないだボールをゴールに流し込む神戸の汰木康也=ノエビアスタジアム神戸(撮影・秋山亮太)
拡大
神戸-鳥栖 前半、武藤、イニエスタとつないだボールをゴールに流し込む神戸の汰木康也=ノエビアスタジアム神戸(撮影・秋山亮太)

 サッカーの明治安田J1リーグ第13節最終日の14日、開幕11戦未勝利のヴィッセル神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)でサガン鳥栖と対戦し、アンドレス・イニエスタ主将の1ゴール1アシストの活躍などで2点をリードし、前半を折り返した。

 神戸は開始早々の前半2分、DF小林友希のロングパスに反応したDF酒井高徳がゴール前に折り返し、中央のイニエスタが右足で決めた。さらに14分、素早いカウンターからイニエスタが左にスルーパス。抜け出したMF汰木(ゆるき)康也が左足を振り抜き、右隅に突き刺した。

 4分け7敗で最下位と苦しむ神戸だが、ロティーナ監督が前日取材で「現代サッカーで先制することの重要性は高まっている」と話していた通り、5位に食い込む鳥栖に対して有利な展開に持ち込んだ。リーグ戦で2点をリードするのは今季初めて。残り45分間を戦い抜き、約1カ月ぶりのホーム戦に駆け付けたサポーターに待望の初勝利を届けられるか。

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月17日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 16℃
  • 0%

  • 24℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ