スポーツ

  • 印刷
星川敬監督
拡大
星川敬監督
INAC神戸をWEリーグ初代女王に導き、笑顔を見せる星川敬監督(中央)=8日、相模原ギオンスタジアム
拡大
INAC神戸をWEリーグ初代女王に導き、笑顔を見せる星川敬監督(中央)=8日、相模原ギオンスタジアム

 サッカー女子のYogibo WEリーグでINAC神戸を初代女王に導いた星川敬監督(45)が今季限りで退任することが22日、分かった。

 星川監督は、澤穂希らを擁して2011、12年にINAC神戸を無敗でなでしこリーグ2連覇へと導き、退任。欧州のクラブを渡り歩いた後、昨年2月に古巣の監督に復帰し、今月8日、9年ぶりのリーグ制覇を成し遂げたばかりだった。

 日本初のサッカー女子プロリーグとしてWEリーグがスタートした今季、開幕8戦連続完封勝利、16戦無敗と手腕を発揮。INAC神戸は22日の最終節、5-2で大宮に勝利し、16勝2分け2敗の勝ち点50で終えた。

 星川監督は選手としてJリーグのV川崎(現東京V)で2年間プレーした後、1997年に引退し、指導者として実績を積んできた。試合前にはハイライト映像を作成して求めるプレーをイメージさせ、特製Tシャツをプレゼントして関係を築くなど選手からの信頼は厚く、データ分析にも定評がある。

 ラトビアの1部リーグで男子の監督を務めた経験があり、今後は男子の指導に携わる見込み。(長江優咲、尾藤央一)

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ