スポーツ

  • 印刷
柏-神戸 前半、先制ゴールを決め喜ぶ神戸・橋本(右から2人目)=三協F柏
拡大
柏-神戸 前半、先制ゴールを決め喜ぶ神戸・橋本(右から2人目)=三協F柏

 サッカーの明治安田J1リーグ第17節の18日、ヴィッセル神戸は三協フロンテア柏スタジアム(千葉県柏市)で柏レイソルと対戦し、1-3で逆転負けした。神戸は2勝5分け10敗となり、最下位で今季の前半戦を折り返した。

 日本代表戦による中断を挟み、約3週間ぶりに再開したリーグ戦。神戸は柏と同じ3バックで臨み、ブロックを組んだ守備からチャンスをうかがう。すると前半28分、カウンターからアンドレス・イニエスタがワンタッチでDFの裏にパス。抜け出した酒井高徳が相手を引きつけて左の橋本拳人に送り、橋本が角度のない位置から左足でゴールネットを揺らした。

 だが、同38分に柏のMF椎橋慧也に豪快なミドルシュートを決められて追い付かれると、DF菊池流帆がペナルティーエリア内でファウルを犯したと判定され、PKを献上。前半ロスタイムに逆転を許してしまう。

 後半、菊池に代えて汰木康也を投入し、4バックにした神戸。その汰木が切れのある動きでかき回すが、後半20分にセットプレーのこぼれ球からまたもミドルシュートで追加点を奪われた。その後の武藤嘉紀のゴールはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)でクロスがゴールラインを割っていたとしてノーゴールの判定。終盤はバランスを崩して攻め込んだが、ゴールは生まれなかった。

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月16日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ